今の医療と病気になった時の流れに

現代の医療が、日進月歩で進化しているのは間違いありません。
特に日本人の二人に一人が受けているという癌治療は、その実績、事例の多さもあって大きな進歩を遂げています。
様々な治療方法が生まれ、多くの患者が救われてきました。

癌は、人間ドックや近所の病院での診療時に発見されることが多いです。
癌が発見された場合、専門病院や大学病院などで精密検査を受け、癌の場所、進行具合、転移のあるなしなどを調べ、治療のスケジュールを決まります。
早期に発見できた場合、完治の可能性は高くなるでしょう。
また、ある程度進行している場合でも、抗がん剤などで治療することが可能です。

しかし、医療技術がどれだけ進んできても、やはり早期治療に勝るものはありません。
最低年一回の健康診断と、自分の年齢に合わせたケアを怠らないことが大事です。
自分だけは病気にならないだろうという根拠のない自信は、ある程度の年齢になったら考え直さなければなりません。